プロテインダイエット

食べて痩せるプロテインダイエットの方法とその効果

プロテインダイエットのプロテインにはどんな特徴があるのでしょうか。けっこう多くの人が、ダイエットにプロテインを使っているといいます。プロテインとはたんぱく質のことであり、人の体には欠かせない三大栄養素の1つです。多くの人体の部分はたんぱく質で構成されており、それは筋肉や内臓や血液だけでなく、爪や髪にまで至ります。

 

このたんぱく質が関わっているのは、免疫力のアップや疲労からの回復などです。人体が必要としているたんぱく質を、プロテインを摂取することによって補充していることになるのです。プロテインがダイエットに効果があるのは、増量や脂肪の燃焼に関係しているためです。人の体は運動をすることによってたんぱく質を燃やし、燃焼から得たエネルギーを動力源とします。

 

たんぱく質を、プロテインを体内に取り入れることで補いながら運動をすると、代謝を高め、脂肪燃焼に効果的に働きます。ただ体重を減らすのではなく、プロテインを用いたダイエットは、代謝をアップさせながらの運動なので、体力強化や健康にも大変良いといわれています。単純に体重を減らせれば目標が達成できるのが、ダイエットというものではありません。プロテインを上手に利用して、体によく理想的な体作りをしながらのダイエットに挑戦してみてください。

 

プロテインダイエット以外にも漢方薬ダイエットもおすすめです。

 

防風通聖散という漢方薬は内臓脂肪の燃焼を助けてくれるのでお腹周りのお肉が気になる方におすすめです。

 

>>防風通聖散をみてみる

 

プロテインダイエットの方法

プロテインダイエットとはどのようなものなのでしょうか。プロテインは元々はアスリートが体型維持や筋力増強のために用いていたものです。現在はダイエット方法としても一般的になりつつありますが、プロテインダイエットとしてはプロテインの摂取だけでは片手落ちです。プロティン摂取と運動を組み合わせて、初めてプロテインダイエットの効果があるといえます。

 

プロテインは脂肪の分解を助ける成分ですので、運動によって脂肪燃焼を促さなければダイエットにはなりません。1日15分程度の有酸素運動をする時間を、プロテインダイエットに取り組む場合はプロテインの摂取と共に確保すると良いでしょう。人の体は、有酸素運動をすることによって脂肪が燃焼し、ダイエットに効果があるといいます。運動と組み合わせたダイエットは体力増強効果があり、リバウンドのリスクが低いことが利点です。

 

たくさん摂取すればいいのが、プロテインはというものではありません。逆に、プロテインの過剰摂取は体を壊す原因にもなります。適量のプロテインは脂肪燃焼を助ける効果の他、免疫力アップや疲労回復、筋力増強効果がありますが、摂りすぎはよくありません。ダイエットのためとプロテインの量を増やすくらいなら、規則正しい生活リズムを保ち、低カロリーで栄養バランスの取れた食事を摂取するように心がけましょう。

 

 

 

ダイエットにいいプロテインの飲み方

 

どんな飲み方が、プロテインでダイエットをする場合には適切なのでしょう。日本人が1日に吸収できるたんぱく質は35gとされています。害になるばかりで、プロテインを過剰に摂取してもダイエット効果はなくいいことは無いでしょう。分量を抑制するために食事代わりにとプロテインを摂取し、直後に激しい運動をすると肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

ダイエット時の吸収効率のいいプロテインの飲み方は、プロテインをぬるま湯や牛乳に溶かし飲む方法です。溶かしこむ液体の温度を60度以上にするとプロテインが変質してしまいますので、温度には気をつけてください。継続して飲んでも飽きないようにする方法もあります。色々な液体たとえばオレンジジュースやお茶などに溶かしてみたり、プロテインの中でも味のついたものを飲んでみましょう。運動を始める1〜2時間前が、プロテインを摂取するタイミングになります。

 

筋肉の修復のために、摂取して運動時のエネルギーの確保をしながら役立てるという方法が一般的なダイエット方法です。寝る2〜3時間前に摂取して筋繊維の修復にあてるという方法や、運動後30以内に摂取して疲労回復に活用する方法もあるそうです。ダイエットをプロテインを遣ってする場合には、飲んでから吸収まで多少の時間がプロテインはかかるこをよく覚えておきましょう。